無農薬野菜と有機野菜の違い

 

 安心で安全な野菜として挙げられる野菜には、無農薬野菜有機野菜がありますが、この2つの違いがいまいちよく分からないという方も多いでしょう。


無機野菜って…?

 

 無農薬野菜というのは、その名の通り農薬をいっさい使わずに栽培された野菜です。
有機野菜は、有機JAS規格といって農林水産省が制定した生産条件に適合して栽培されたもので、登録認定機関によって適合性が認められた野菜になります。

 

 有機JAS規格は細かく定められていますが、簡単に一例を挙げてみましょう。
 まず単年作物は2年以上、永年作物は3年以上、化学肥条件料や禁止されている農薬を使わずに栽培していることが条件になります。
 また、栽培する土壌はもちろん、用具や施設などでも化学肥料や農薬が混入していないことも条件です。

 

 他にも、遺伝子組み換えをしていないなどの条件を満たしたものだけが有機野菜となります。

無農薬野菜は有機野菜より安全…?

 

 こうみると、無農薬野菜より有機野菜の方が厳しい条件の中で栽培されているように思えるかもしれません。
 ただ一つ気をつけなくてはいけないのが、有機野菜では「禁止されている農薬を使わない」という条件のもとで栽培されているということです。
 無農薬野菜は、禁止されているいないに関わらず農薬を使いませんが、有機野菜は禁止されていない農薬は使われているのです。
 この部分が無農薬野菜と有機野菜の大きな違いになるので、本当に安全という視点で考えると無農薬野菜の方に軍配が上がると言えるでしょう。
 と言っても、有機野菜では化学肥料はいっさい使用していませんから、どちらも普通の野菜と比べると安全性が高い点は同じと言えますね。