一般的野菜の生産方法と、無農薬野菜の違い

 

 当たり前ですが、スーパーなどで売られている農薬を使って作られた一般的な野菜と、無農薬野菜の作り方には違いがあります。


肥料の違い

 

 どちらも最初は土壌作りから始まるのは同じですが、一般的野菜の場合は土にあらゆる種類の化学肥料を混ぜます。
 一方無農薬野菜の場合だと、ある程度は肥料を使うものの、何でもかんでも混ぜるということはありません。
 土が痩せていると野菜が育たないと言われるので、肥料はたくさん撒いた方が良いと言うイメージがあるかもしれませんが、一般の野菜作りに使われるのは成長を早めるための肥料です。

 

 つまり土を肥やすためのものだけではない、という部分で使用する肥料に違いがあるのですね。

一番の違い

 

 そして、なんと言っても一番の違いは野菜が育っていく過程で農薬を使わないというところです。
 野菜の種類によって使用する農薬や散布する回数に違いはあるものの、一般的野菜は害虫がつかないように定期的に農薬を使います。
 無農薬野菜は当然ですが農薬は使いません。

 他にも違いはあるものの、簡潔に言ってしまうと生産方法は使用する肥料と農薬を使うか使わないかの違いだけですが、化学肥料や農薬は人体には有害なものです。
 肥料や農薬というのは野菜の中に取り込まれてしまうので、どんなに綺麗に丁寧に洗っても、体内に入り込んでしまいますし残留してしまいます。

 

ですので、自然本来の育ち方をしない野菜を食べ続けるということは、何らかの影響が身体に現れてくるリスクが高まるという違いがあることを認識しておきましょう。